ポップコーンビジネスの成功法則

 

ポップコーンビジネスの成功法則

アメリカではポップコーンは定番のお菓子で、日本でも映画館などでは必ずと言っていいほどポップコーンの販売が行われています。


最近ではアメリカから有名なポップコーンのお店が日本にもいくつか出店していて話題となっていますが、まだまだ日本においてポップコーンビジネスは市場規模が大きくないものであり、その分上手くやれば成功できる可能性が高くなっています。


ポップコーンを作る工夫

ポップコーンビジネスと言えば、直接ポップコーンを販売することを考える人がほとんどだと思いますが、最近人気が出てきているポップコーンを自宅で作ってもらい利益を出すという方法もあります。


昔からフライパンや電子レンジで簡単にポップコーンを作ることができる商品は日本でも販売されていましたが、ポップコーンを作れる専用の製造機というものも海外では一般的となっていて、業務用だけではなく家庭用の製造機を日本で販売して利益を出すというビジネスもおすすめになります。


もちろんそれを使用して自分でポップコーンを販売してもいいし、それを利用してフランチャイズ展開するやり方もいいと思います。このように、ポップコーンビジネスの起業・開業は日本ではまだまだ大きな可能性を秘めています。


業務用のポップコーン製造機は大型で高額製品となるため、それをリースして利益を出すという方法もあり、ポップコーンはイベントなどでも販売すれば喜ばれるお菓子なので、短期のイベントで企業に貸し出すという方法も考えられます。


家庭用や業務用のポップコーン製造機を販売したりレンタルする他にも、ポップコーンの材料を販売するというビジネスもあり、ポップコーンはかなり原価が安いため、利益率もかなり期待できるようになっています。


ポップコーンビジネスの選択肢

ポップコーンの販売を行う場合は、他にはないオリジナル性の高いテイストのポップコーンの開発をするか、もしくはすでに流行しているフランチャイズ店になるかを決めなければいけません。


その時には店舗をどこに構えるかが非常に重要なポイントで、多くの人が集まるショッピングセンターやフードコート内に出店できれば相当な売り上げを期待することができますが、そうでない場合はよほど味に自信があるか話題性がなければポップコーンビジネスで成功するのは難しいでしょう。


人気ショッピングセンターなどに出店できた場合は、かなり高額なマージンや家賃がかかることをも計算して、採算に見合う商売を行うようにしなければいけません。


 
コンテンツ