卵子提供による出産という選択

出産年齢の高齢化により、不妊に悩む人の割合も増えている現代日本において、卵子提供での妊娠はまだ一般的ではありません。そこで卵子提供を求める日本人の多くは、海外に渡航し、その国で新たな命を授かることを目指します。


卵子提供の先進国アメリカ

卵子提供とは、卵子の老化や病気などにより自力での妊娠が困難な場合に、第三者の卵子を使って人工的に妊娠する方法です。日本でも実施例はありますが、親戚や知人から卵子を提供してもらう必要があったり、特定の病気を発症している場合のみ施術が認められているなど、そのハードルは高くなっています。

よって多くの日本人は卵子提供を求めて海外に渡航します。中でも人気が高いのはアメリカです。アメリカは州によって法律が異なるため、匿名の第三者の卵子を使用した、卵子提供を認めている地域もあります。地域によっては着床前診断により、男女の産み分けや先天性の異常の有無を調べることも可能です。また卵子提供に関する研究も進んでおり、実績もある国となっています。

費用は一回あたり500万円と高額ですが、紹介業者や弁護士などのサポートも充実しています。卵子提供は出産という大きな決断になるため、安心して利用したい人にはおすすめの国となっています。ただし日系の卵子提供ドナーの数が少ないこともあり、卵子の選択肢は少なくなっています。


日本人の渡航者が急増しているタイ

また近年タイへ卵子提供を求めて渡航する日本人の数は増加傾向にあります。その最も大きな理由は費用です。アメリカと比べると半額以下で卵子提供を受けることが可能です。またアジア圏ということで、顔だちが似ている人から卵子提供を受けられる点や、日系・中華系ドナーが充実している点も人気の一つとなっています。

ただ近年、営利目的の卵子提供がタイ国内でも大きな問題となっています。一時は高額な報酬を目的とし卵子提供を行うドナーが現れたり、着床前診断によって男女の産み分けを行うなど、倫理面からの批判が相次ぎました。そこで現在は法律の整備が進められ、規制も厳しくなりました。今までは認められていた施術も、罰則の対象となるケースがあるため注意が必要です。また文化や言葉の違いにより、適切にコミュニケーションが取れないといったトラブルも発生しています。こういったトラブルを未然に防ぐためにも、タイで実績のある卵子提供エージェントを経由し、サポート体制がしっかりしている病院を見つけることが大切です。

INFORMATION

2016/06/26
卵子の採取とはどんな事をする!?また、痛みは伴う? ページ更新しました。
2016/06/20
一筋の光を卵子提供という方法に見出した体験者の話 ページ更新しました。
2016/06/16
卵子提供による出産という選択 ページ更新しました。
2016/06/09
卵子提供の際に行われる凍結胚移植ってどんなもの?! ページ更新しました。
2016/06/05
国内や国外での卵子提供はどうすれば受けられるのか ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活の最新事情

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。

掲載情報の参照サイト

日本人の卵子ドナーによる卵子提供