日本では代理出産や卵子提供は批判されることが多い?!

代理出産は、何らかの原因により妊娠に至れない女性が、第三者に子供を産んでもらう制度です。卵子提供は卵子を第三者から貰い自分の子宮内で育てます。どちらも日本では偏見を持たれがちで、ひどい言葉を浴びせられる女性が居るのが現状です。


代理出産や乱視提供に対する批判的な意見とは?

日本では代理出産や乱視提供に関する意見を聞くと批判的な意見の方が圧倒的に多く、偏見によって、制度を利用した女性に対して傷つけるような言葉が浴びせられることもあります。実際に子供を産んだことのある女性からの批判的な意見は最も多いと言えます。

具体的には、「代理出産に対して、代理の女性に産んでもらうことで、妊娠中の生活の不自由さや、悪阻、出産の痛みを経験しないのだから母親にはなれないだろう」、「自分に似てもいない子供を自分の子供として育てていけることはできないだろう」、「お腹を痛めて産んでいない子供が、障害を持って生まれてきたとしても育てられるのか」なといった内容の意見などです。また、卵子提供に対しては、「自分と遺伝子での繋がりのない子供を育てる気になれないだろう」、「夫と自分ではない別の女性の遺伝子で作られた子供を本当に愛し育てることは不可能だろう」などといった意見です。

楽な思いをしようとした訳でもないのに、このような偏見をもたれてしまい、代理出産や卵子提供を行った女性や夫婦は、とても傷ついているのです。


子供を持つことを諦めたくなかった最終決断!

代理出産を利用する人の大半は病気などによって妊娠に至ることができない人や、子宮を摘出し妊娠が不可能な人です。代理出産を利用する事で楽をしようとしているのではないかと思われることがあるのです。もちろん出産時の痛みを体感することはありません。しかし、そのことに対して1番悔しいのは代理出産を依頼している女性なのです。出産の痛みを経験し、自分の力で自分の子供を産みたかったという人達ばかりなのです。

代理出産を頼まずに自分の力で産むことが出来るのならばそれ以上の喜びはないでしょう。子供を授かることのできない女性は、自分の子供を育てるということを諦めなければならないのでしょうか。違法でもありませんし、医療としてしっかりと確立された方法を手段として選んでいるだけなのです。もしかしたら自然に妊娠出来た女性よりも長年子供が欲しくて苦しんできた思い入れがあるので大切に思う気持ちが大きいかも知れません。

また卵子提供に関しては子宮内で育てている時に、母親のDNAが羊水に含まれているため胎児に遺伝子が移行します。そのため卵子の提供を受けても母親のDNAはしっかりと受け継がれているのです。

INFORMATION

2016/06/26
卵子の採取とはどんな事をする!?また、痛みは伴う? ページ更新しました。
2016/06/20
一筋の光を卵子提供という方法に見出した体験者の話 ページ更新しました。
2016/06/16
卵子提供による出産という選択 ページ更新しました。
2016/06/09
卵子提供の際に行われる凍結胚移植ってどんなもの?! ページ更新しました。
2016/06/05
国内や国外での卵子提供はどうすれば受けられるのか ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活の最新事情

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。